才能診断ソフト【ストレングスファインダー】自分の強みを生かし、弱みを補完しよう

スポンサーリンク

自分の強みと弱みの元ってなんだろうと考えたことありますか。

けっこう難しいですよね

そして自分の思ってる強み弱みと、他社が感じる強み弱みも違っていることもあります。

この強み弱み、両者を知ることで思考を次のステップに繋げることができます。

 

自分自身のことを分かっているようで実は分かってない、もしくは勘違いしている『あなたにはこういう才能があるんですよ・・・』と教えてくれる自分の本質を探れる本ストレングスファインダーを紹介します。

ストレングスファインダーの進め方

ストレングスファインダーとは米国ギャラップ社が開発した自己解析ツールになります。

クリフトンストレングスオンライン才能テスト
クリフトンストレングス・テスト(以前のストレングス・ファインダー)が、組織やマネージャー、何百万人もの人々をどのように成功に導いたかをご確認ください。

約200の質問に答える事で、34の資質から上位5つの資質を把握することができます。

1問20秒の制限つきなのでサクサク答える必要あり。

直感的に応えていくので内面の資質が炙り出されるんでしょうね。

実施方法は書籍の後ろについているアクセスコードをギャラップ社のウェブに登録すること。

一回しか受けられないので中古本を買ってはダメですよ。

第3回 自分の強みを知る方法 ストレングス・ファインダー【ゼロから学ぶITスキル】

自己肯定感に繋がる

さすがに200問の質問に答えた結果だけのことはあり、上位5つの資質は納得感があります

自分の個性の確認であったり、気づいていない才能の目が隠れている要素も知ることができます。

まさに『自分の才能に目覚めよう』ですね。

最近よく言われている自己肯定感を高める事にも繋げることが出来そうです。

上位資質をどう仕事や生活に生かすか。

このあたりのヒント・道しるべが二章で説明されています。

ただし書籍の費用ができるのはこの上位5位までの資質まで。

その他の順位が知りたければネットを開いて追加費用を出せば確認可能です。

下位資質を知ることで自分の苦手分野が分かり『これは他社に任せた方が良い』などの線引きの参考にもなりそうですね。

私の上位5資質

参考までに私の上位5資質です。

1.最上志向

2.ポジティブ

3.規律性

4.アレンジ

5.成長促進

最上志向:何事に対してもより良く、上を目指し向上させる資質。

ポジティブ:前向き、楽天的で文字通り何事もポジティブに捉える資質

規律性:物事を習慣化、ルーティン化することが得意な資質

アレンジ:効率的に成果を出す資質

成長促進:人間関係構築力の資質

※ハートラボより引用

 

仕事面でいえば営業という職種柄ノルマは設定されるので最上志向はむべなくものなるものかなと。

また仕事やプライベートでの失敗もよくしますが、次にこの失敗を活かせばいいと基本的にポジティブ思考。

取り組みをルーティン化することで時短や健康管理などに気を使っています。

具体的には朝の徒歩通勤や飲酒の回数などチェックしてます。

メーカーやサービスなど人に動いてもらう事が多い仕事なのでアレンジにも向いているかと。

子どもたち小学校にも通いだし、日ごとの成長を感じる機会が増えてからは彼らを上手く成長させるために何をしてあげれば良いか、という事は日常的に考えています。

 

こんなふうに考えていくと強みの資質はとしてイマの自分にかなる当てはまっているなと腹落ちしました。

ストレングスファインダーの結果から行動を考える

本質的な強みを知ることで自分は何ができる(得意な)人なのかを知れた点は良かったですね。

逆に下位に入るであろう資質は、そこの分野が得意な他者に任せる、或いは依存してもよいのではないかと。

私の場合は戦略的思考力に上位5位までの強みに1つも出なかったので、ここは思い切って妻や第三者情報に任せちゃってもいいかもしれないですね。

 

ハートラボさんのブログより。

なんと上位資質5番までの内、4つ(ポジティブ・成長促進・最上志向・アレンジ)が入っている内容の解説。

どうやら人の強みを伸ばす方向で育てることに向いているよう。

確かに短所を補うよりも長所を伸ばす方が得意かなと。

普段からの声掛けにも悪かったことを指摘するより、良かった点を指摘して『そこをもっとこうすれば良いかもね』と指摘することが多いかな。

褒められる方が次への活力も湧きやすい感じしますよね。

このブログにも書いていましたが『何が出来るかではなく、どうやればうまくいくか』という点は物事の本質だと思います。

高いハードルがあればどのようなアレンジで飛べるように持っていくか。

ストレングスファインダーを活用して自分の可能性をどこまで広がるか、試してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました